南シナ海問題、仲裁裁判所が判決

南シナ海問題、仲裁裁判所が判決

合計: 2308
実施期間: 2016年7月13日 @ 10:09 AM期限なし

仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が、中国が主張する「九段線」は認めないとする判決を下したことについてどう思いますか。

国籍
性別
年齢
読み込み中 ... 読み込み中 ...

合計: 2352
実施期間: 2016年7月13日 @ 10:10 AM期限なし

日本は今後どのように対応すべきだと思いますか。

国籍
性別
年齢
読み込み中 ... 読み込み中 ...

Comments

  1. 匿名 より:

    中国初の空母遼寧号が、本格運用を前に訓練航海の途中沖縄近海を通過したのは大変不安です。
    元々スクラップにするはずだった屑鉄空母と中国の技術とおから工事の相乗効果で遅かれ早かれ不具合を生じ、どこかで漂流するのは間違いないと思われます。
    流れ流れて沖縄に漂着し、座礁したり尖閣諸島に乗り上げて横倒しにでもなったらどうなるのか心配です。
    中国海軍にお願いしたい、天気の悪い日や台風シーズンには外出を控えて、港で麻雀でもしてください。
    晴れた日でも深いところへは行かず、岸から見えるところで練習してください。

  2. 匿名 より:

    アメリカは中国を旧ソ連と同じように軍拡競争に引きずり込んで内部崩壊させようと企んでいるような気がする。
    軍拡競争に敗れ、バブルが弾ければ、混乱に乗じてチベット、ウィグル、内蒙古が分離独立し、漢民族自体も分裂するだろう。
    台湾は独立するのか、それとも国民党は大陸での復権を目指すのか?
    中国の歴史は面白い。
    周りが迷惑しなければの話だが。

  3. 匿名 より:

    大国なら国際法を守れ!
    近隣諸国から尊敬されるような行動をしろ!!

  4. 匿名 より:

    南シナ海や東シナ海での中国の動きは目に余るものがある。
    日本は核兵器を保有していないから、中国の核兵器や北朝鮮の核開発が脅威だと思っている人が多いかもしれないが本当にそうだろうか?
    日本が核兵器を保有している証拠は何もないが、保有していない証拠も無い。
    なぜ高速増殖炉もんじゅやプルサーマル計画などに税金の垂れ流しをするのか、それは大量のプルトニウム保有の大義名分と核兵器装備の隠れ蓑にしているのではないかと考えるのが普通だと思うのだが・・・
    日本が核兵器を保有していないと信じ込んでいるのは案外日本人だけかもしれない。

  5. 匿名 より:

    中国の軍事力は過大評価されているようです。
    人民解放軍は反共産党勢力や分離独立を抑えるためもので、共産党を守るための私兵であっても国防軍ではなく対外戦争用にはできていません。
    中ソ国境紛争では瞬殺され、ベトナム戦争後カンボジアにベトナム正規軍が侵攻した留守を狙ってベトナムに戦争を仕掛けたものの留守番役の民兵に簡単に撃退されたり、人民解放軍の実力はそんな程度です。
    現在でも人民解放軍の演習には各中隊に数名中華鍋を背中に背負った兵隊がいるような軍隊です。
    空軍パイロットの訓練時間は米海空軍の半分以下、戦闘機は型落ちしたロシア機のコピーでは話になりません。

    それでも強気に出られるのは中国のマーケットに世界が依存しているからです。
    せっかく世界の工場として育て上げ、豊かになったらマーケットとして活用し、余剰資金を国際金融に取り込み徹底的に中国を利用し尽くすまでは中国に手を出せないと中国政府も見ているからです。
    共産党政権が倒れ混乱すれば中国発の世界恐慌になる為、人権外交などと言いながらアメリカも共産党政権が倒れることを望んではいません。
    世界で最もおぞましい国であるサウジアラビアにアメリカは人権外交をせず、体制崩壊を望んでいないのと同じです。
    中国経済に利用価値があり好調な間は大きな動きは何も起きないでしょう。
    中国経済が崩壊した時、一気に情勢が動くことになるのかも知れません。

  6. 匿名 より:

    中国共産党と中国軍は好戦的。日本に戦争を仕掛けたくて仕方がない。日本侵略を正当化するための口実を作ろうとしている。軍事力では我が国が不利だし、戦争で犠牲になるのは一般の日本人。だから、中国に戦争の口実を与えないことが重要だ。日本政府はまともな中国人と連携して中国共産党を上手く封じ込めて欲しい。

  7. 匿名 より:

    中国人は愛すべき気の毒な人達なのかも知れない。
    歴史上まともな政治が行われたことがなく、まともな指導者に恵まれなかっただけだと思う。
    同じ中国人でも、日本が50年間統治しただけで台湾はまともな国になっている。
    戦後流入した国民党の敗残兵の悪影響が無ければもっと民主化は進んでいただろう。
    日本が中国を統治していたら・・・・・

    戦争中、中国に駐屯した日本軍の戦車隊が開店休業状態だったので、苗木を取り寄せ植えて回ったら戦後中国政府から勲章を授与されることになり、それだけは勘弁してくれと感謝状にしてもらったというエピソードがある。
    これだから、どんなに悪さをし、嘘をついても中国人はどこか憎めないところがあるのかも知れない。
    朝鮮では、日本が植えたというだけで切り倒されているが・・・・・

  8. 匿名 より:

    中国人がすることと同じこと,
    同じデザインの服を着る,同じ物を食べる,同じレジャーをする,,,,,,,,すべてが嫌だ。
    何か,下等な人間に成り下がった気がするからだ。

  9. 匿名 より:

    夏休みにフィリピンとタイへ旅行に行ったが,両国共に,中国人が嫌われ者であることが,再確認できた旅でもあった。
    タイでは中国人の餓鬼が列車内で騒ぎ,タイ人から顰蹙買っていたし,フィリピンではダイビングショップで
    予約等の問題でフィリピン人と言い争いをしており,その後,そのフィリピン人たちに中国人の感想を尋ねたら,
    当然のことのように,客だから仕方ないが,中国人を非常に嫌っていた。
    日本人の自分は,タイで中国人観光客からバスの席でいちゃもんを付けら,
    中国人はイナゴの集団!とは,よく言ったものだ。
    他人に迷惑掛けるのみの,害虫である。

  10. 匿名 より:

    アメリカとの連携を大切にしながらも、アジアの国々と連携し「報復が怖いから言わない」ではなく「当たり前の正しいことを言える」国をアジアに増やすことが大切ですね。そして「国」ではなく「一国独裁覇権主義」をアジアから閉め出すことが大切だと考えます。をアンケートの選択肢にある「中国に譲歩し妥協点を探る」は2050年までに太平洋の半分を管轄し東シナ界のみならず台湾・沖縄・日本全土も自国の領土に取り込もうという思惑を容認する選択肢ですね。

  11. 匿名 より:

    自由平等を自分たちのアイディンティティのようにわめく白人たちも自ら反省することなく、第二次大戦後の武装蜂起にあってようやく現実を受け入れた、やはり中国も世界から一度痛い目に合わないと現実がわからないと思う、これからの世界は国家同士の争いよりも、企業同士、富める者と貧弱、価値観の違う人達の争いが増え、国家同士連携して問題の解決に当たらなければいけない時代に、中国の指導者はあまりに幼稚で無能害である。理性的で賢く徳のある人間が指導できるような体制になるよう世界が監視監督すべし。

  12. 匿名 より:

    19世紀ファシズムの亡霊「中国」
    こんなことやってるからバカにされるんだ。自業自得

  13. 匿名 より:

    台湾は事実上独立しているが,
    頑張れ!!! 香港独立。

  14. 匿名 より:

    国際法を理解せずに当てずっぽうの進出をやるのはやめてくれ
    他国との関係は理解があってこそ成り立つものだ

  15. 匿名 より:

     領土領海を広くしても大国にはなれない小国のまま。早く中国になってください。このままでは熊のプ~さん政権維持できません。中華思想を持っているのは貴方だけで、中国国民の多くと世界は中国が世界の中心だと考えていません。
     高速鉄道の殆んどがダメ、イギリスも原子力発電所が中国製では危なくてイヤでしょう。意見が合わないからと自国民を殺すのは漢民族に反感を残すでしょうし、共産主義を標榜しながらの1億農民の貧しさは目を覆いたくなります。
     確かに金と軍事力は他国を意のままにさせる力は有りますが、ほんの一部だけで全部ではありません。おそらく香港も台湾も統合できないでしょう。中国民は馬鹿ではありません、ひっくり返されますヨ。アラアラかしこ。

  16. 匿名 より:

    いろいろな記事での中国人のネットコメントを読んでいると,真髄を突いたすばらしい内容もあるが,
    思想,言論,表現の自由すらない国では,こうしたすばらしい意見すら活かされないのだろうね。
    金漬けにされたカンボジアなどは問題外だが,いつになったら中国はアジア諸国から尊敬される国になるのだろうか?
    一万年先か。
    不可解な日本への褒め殺しにも,要注意!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

メイントピックス

総合アクセスランキング